噂の高性能レスポンスと評判を検証、継続3年間で感じたエックスサーバーの実力とは!?

エックスサーバーの評判を検証レビュー

エックスサーバー/エックスサーバー株式会社

社名 エックスサーバー株式会社
設立 2004年1月23日
所在地 〒530-0011
大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 32F

「ワードプレスを始めるなら、エックスサーバーがおすすめ!」と推奨する投稿をよく見かけます。そんな投稿につられ私もユーザーになった一人ですが、やはり噂通りの速さと安定感があってメインサーバーとして使っています、今回はそのエックスサーバーの魅力やデメリットについても深く掘り下げてみたいと思います。

エックスサーバーは大阪梅田に本社を置く企業で、国内サーバー業界ではシェアはナンバーワンです。その傘下には格安として有名なスターサーバーがあります。

エックスサーバーの強みは、突然の同時アクセスに強い「Nginx」(エンジンエックス)を採用、バックアップ機能やサポートも充実しており、さらに、安定度・運用実績・表示速度と3つの要素を網羅した、人気の高性能レンタルサーバーです。

エックスサーバーの最安料金プラン(スタンダード)は、他社のスタンダードプランより、約2倍程度高い料金設定となっています。その分、高性能の恩恵と充実したサポートを受けることができます

サーバー稼働率、99.99%以上!

エックスサーバーは管理画面が分かりやすく、はじめての方でも簡単にドメイン設定からブログの立ち上げまで行うことが可能です。もちろん、ワードプレスの簡単インストール機能にも対応しています。

高性能とサポートの両立を求めるなら、エックスサーバーは最高のコストパフォーマンスです。

エックスサーバー メリット

エックスサーバーを使って感じたメリットエックスサーバーのメリット

  • WordPressが速くて安定している
  • 自動バックアップ機能つき
  • 独自ドメインが永久無料
  • WordPress簡単移行
  • 10日間のお試し期間
  • 使いやすいコントロールパネル

ユーザーが求める機能の多くを網羅する高性能レンタルサーバー!

WordPressが速くて安定している WordPressが速くて安定している

エックスサーバーには、ワードプレスの高速動作「KUSANAGI」という最新技術が導入されています。また、すべてのディスクには高性能なMVNeSSDのRAID10構成が採用されています。

その他にも、PHP高速化やXアクセラレータなどの機能があり、WordPressの安定的な速さに貢献しています。

エックスさんはトータルバランの良いサーバーです、サイトの表示速度についての心配は不要ですね!

WordPressの速度テスト

レンタルサーバー速度 6社に絞って定期測定!

レンタルサーバーの速度 定期測定
レンタルサーバー各社に設置した同じ内容のWEBサイトの表示速度をJavaScriptを使い測定しています、エックスサーバーの表示速度を他社と比較できますので参考にしてください。
自動バックアップ機能つき 自動バックアップ機能つき

+0.1エックスサーバーには、サーバー故障や誤操作でのデータ消失に備えて、自動バックアップ機能を標準搭載しています。

WEBサイト・Eメール・データベースの内容を毎日1回専用サーバーにコピーされ、最高で過去14日分までのデータを復旧することが可能です。

公式サイト「バックアップ概要」...自動バックアップ機能 エックスサーバー

エックスサーバーの自動バックアップ復元画面

エックスサーバーの自動バックアップ機能は、バックアップと復元を無料で行えるのが特長です。

独自ドメインが永久無料 独自ドメインが永久無料

+0.1エックスサーバーの「独自ドメイン永久無料」特典とは、サーバーを契約中の期間に限り独自ドメインを一つ無料で提供してもらえる評判のサービスです。

これは新規取得するドメインはもちろん、他社から移管するドメイン、取得済みドメインへの適用も可能です。

ただ、欠点なのは一度永久無料ドメインとして適応してしまうと、他のドメインに適応変更したくてもできないこと!

サーバーの新規契約や更新時は、経済的な負担が大きいので様々な特典があると助かりますね!

その他のメリット その他のメリット
  • WordPress簡単移行
+0.1

他社のレンタルサーバーでも、僅か15分程度で問題なくWordPressの引っ越しができます。独自ドメイン運用している場合は、最後にネームサーバーをエックスサーバーに向けるだけ、また、「htaccess」「SSL」「WAF」などは再設定が必要な場合があります。公式マニュアル...WordPress簡単移行 エックスサーバー

  • 10日間のお試し期間

割り当てられたIPアドレスの動作確認やIPブラックリストなどの調査を契約する前にできるので安心です。

  • 使いやすいコントロールパネル
+0.1

初心者にも上級者にも分かりやすくて使いやすいコントロールパネルになっています。

エックスサーバー デメリット

エックスサーバーを使って感じたデメリットエックスサーバーのデメリット

  • 商標ドメインが重複する
  • 夜の混雑時に反応が遅い
  • 料金が他社より高い
  • 大規模な障害が発生
商標ドメインの重複でサーバーに設定できない 商標ドメインの重複でサーバーに設定できない

商標やメジャードメインを取得してから、レンタルサーバーに設置したときに、たまに前所有者のWEBサイトが現れることがあります。

ドメインの設定が前所有者と重なる問題は、エックスサーバーだけに起こる問題ではありません、アフィリエイターに好まれるサーバーで起こりがちです。

商標ドメイン重複問題の参照元

商標ドメインの重複でエックスサーバーに設定できない

商標ドメインの重複でレンタルサーバーに設定できない
商標や中古メジャードメインを取得してから、エックスサーバーに設置したときに、前所有者のWEBサイトが現れました。一つのドメインを複数アカウントで設定したときに出るエラーの解決方法。
夜の混雑時に反応が遅い 夜の混雑時に反応が遅い

エックスサーバーは高速化のため、2021年7月のNVMe構成サーバーの刷新や同時アクセスに強いNginxが採用されています。しかし、一定数のユーザーと共用しているため、混雑する時間帯は多少遅くなることもあると思います。

共用サーバーの辛い定め!

一方、エックスサーバーの同居サイト数をIPアドレスから幾つか調べてみると、いずれも150件前後と一番同居数が少なくて、しっかり管理されているのが分かります。

同居サイト数の参考記事

共用レンタルサーバーの同居サイト数を調べる

IPアドレス内の同居サイトを調査
同じWEBサーバー内に同居するサイト数が多いと、自分の運営するサイトにも遅延の影響が及びます、そんな共用サーバー内に同居しているWEBサイト数を調べてみました。サーバーによって許容数が違いますので、参考程度にしてください。
料金が他社より高い 料金が他社より高い

-0.1今回、比較している6社の中では料金が一番高いサーバーになります、エックスサーバーの速度と使いやすさを考慮すると妥当な価格なのかも知れませんね、一年とか二年の長期契約をすると割引率が大きくなりお得です。

ただ、個人ブログのみでエックスサーバーを使うのは、ややオーバースペックに感じることもあります!

同価格帯のConoHaWINGと料金面で比較してみました。スペックではNVMeストレージが採用されているエックスサーバーの方が若干上と感じます。

エックス VS ConoHa 料金比較
比較項目 エックスサーバー ConoHaWING
プラン スタンダード ベーシック
初期費用 無料 無料
月々の料金 1,100円 931円※1
2年目の月々料金 1,100円 990円

※料金価格はすべて税込み表記です。また、上記に記載している月々の料金は1年契約をした場合の年間割引価格から12で割った数値を月々の料金(税込)としています。
※1. Conohaはキャンペーン割引率により若干価格が上下に変動します。

大規模障害が発生しました 大規模障害によりサーバーがダウン

-0.22022年4月11日、丁度の日付が変わった頃から約2時間、この当方WEBサイトへのアクセスができなくなりました。障害情報を調べようにも、エックスサーバーの公式サイトにも繋がらない。Twitterにて「エックスサーバー障害」で検索すると、「エックスサーバー落ちてる」などの情報が多く投稿されています。

まさか稼働率99.99%を誇るエックスサーバーで起こるとは思わなかったです。しかし、格安サーバーだと翌日まで対応がズレ込むことも、ざらにあります。エックスサーバーの復旧対応が早かったのは不幸中の幸いです。

Webサイト表示速度は、とても重要であり、検索順位や訪問者の離脱率に影響します。エックスサーバーの表示速度が速いというメリットは、レンタルサーバーを選ぶ上で重要なアドバンテージになります。

2022年3月ページエクスペリエンスの導入!

ページエクスペリエンスとは、訪問者がWebページで感じる使いやすさの指標となるものです。例えば、サーバーの性能が悪く、ページ読み込みに時間がかかる場合などは、Google検索順位に影響がでることもあります。

速度テストができるWEBサイト
参考:Google PageSpeed Insights
参考:ホームページの速度テスト

その中でも、パフォーマンスに関する指標として、コアウェブバイタル(Core Web Vitals)の「LCP」「CLS」「FID」3つの要素がSEOにとって重要になります。

私のxserver体験 ジプシー管理人
サーバージプシーの私は、2020年から念願のエックスサーバーを使い始めました。
料金が高いのがネックだけど、評判通りの表示速度と安定度がありとても満足で~す。夜はたまに反応が遅いときがあります。メールサポートは24時間以内に回答がくるので悪いと感じた事はありません。

高性能エックスサーバーの性能をチェック!

Xアクセラレータが有効と無効では、2回目以降の表示の速さが結構違います、同時アクセス数拡張やPHP処理の効率化により、とくにワードプレスでは顕著に差が出ます、下記テストではファーストビューを重要視しており、Xアクセラレータとサーバーキャッシュは無効にして測定しています。

※現在はドメイン登録時には「XアクセラレータVer.2」が自動的にONになります。

エックスサーバーの速度

Total
Score❓
エックスサーバーの総合スコアを他社と比較しました。5.0満点でスコア付けしています。

スコア評価について about-reviews

総合スコア(2022/10/01)
  • [Score4.7] ConoHaWING
  • [Score4.5] エックスサーバー
  • [Score3.6] スターサーバー
  • [Score2.6] コアサーバー
  • [Score1.9] ロリポップ
  • [Score1.7] さくらサーバー
おもな評価項目
・WordPressの簡単移行ツール
・WAFセキュリティの有り無し
・料金の安さ
・料金プランの途中変更
・チャットor電話サポート
・無料独自ドメイン
・自動バックアップ・復元
・管理画面の使いやすさ
・サーバーの稼働率
・実際に遭遇したサーバー障害
・SEOに影響しそうなデメリット

2022年10月01日

表示速度平均タイム
HTMLサイト:0.39秒!
ワードプレス:0.39秒!
PHP処理:0.0020秒!
Ping応答:0.01391秒!

エックスサーバー 他社との比較表

HTML
WordPress
PHP
Ping
名称 HTML WordPress PHP Ping
1ConoHaWING(ベーシック) 0.38s 0.40s 0.0055s 0.00589s
2エックスサーバー(スタンダード) 0.39s 0.39s 0.0020s 0.01391s
3スターサーバー(スタンダード) 0.39s 0.46s 0.0059s 0.01415s
4コアサーバー(CORE-X) 0.45s 0.61s 0.0366s 0.00603s
5さくらサーバー(スタンダード) 0.84s 2.08s 0.0036s 0.01352s
6ロリポップ(スタンダード) 1.10s 1.02s 0.0028s 0.00617s
名称 HTML WordPress PHP Ping
1エックスサーバー(スタンダード) 0.39s 0.39s 0.0020s 0.01391s
2ConoHaWING(ベーシック) 0.38s 0.40s 0.0055s 0.00589s
3スターサーバー(スタンダード) 0.39s 0.46s 0.0059s 0.01415s
4コアサーバー(CORE-X) 0.45s 0.61s 0.0366s 0.00603s
5ロリポップ(スタンダード) 1.10s 1.02s 0.0028s 0.00617s
6さくらサーバー(スタンダード) 0.84s 2.08s 0.0036s 0.01352s
名称 HTML WordPress PHP Ping
1エックスサーバー(スタンダード) 0.39s 0.39s 0.0020s 0.01391s
2ロリポップ(スタンダード) 1.10s 1.02s 0.0028s 0.00617s
3さくらサーバー(スタンダード) 0.84s 2.08s 0.0036s 0.01352s
4ConoHaWING(ベーシック) 0.38s 0.40s 0.0055s 0.00589s
5スターサーバー(スタンダード) 0.39s 0.46s 0.0059s 0.01415s
6コアサーバー(CORE-X) 0.45s 0.61s 0.0366s 0.00603s
名称 HTML WordPress PHP Ping
1ConoHaWING(ベーシック) 0.38s 0.40s 0.0055s 0.00589s
2コアサーバー(CORE-X) 0.45s 0.61s 0.0366s 0.00603s
3ロリポップ(スタンダード) 1.10s 1.02s 0.0028s 0.00617s
4さくらサーバー(スタンダード) 0.84s 2.08s 0.0036s 0.01352s
5エックスサーバー(スタンダード) 0.39s 0.39s 0.0020s 0.01391s
6スターサーバー(CORE-X) 0.39s 0.46s 0.0059s 0.01415s
補足
  • HTML→HTMLサイトの表示速度
  • WordPress→ワードプレスの表示速度
  • PHP→PHPの処理速度
  • Ping→Pingの応答時間

※計測タイムが短いほど高性能サーバーになります、いずれも平均値を算出しています。
※計測データの参照元:表示速度テスト

エックスサーバー プラン早見表

プラン 初期費用
月料金※
MySQL
WordPress
マルチドメイン SSD容量
スタンダード ¥0
¥1100
無制限 無制限 300GB
プレミアム ¥0
¥2200
無制限 無制限 400GB
ビジネス ¥0
¥4400
無制限 無制限 500GB

※上記で表示している価格は税込みです。
※1年契約した場合の価格から、12で割った数値を月料金としています。

プラン 転送量/日 CRON Nginxサーバー お試し期間
スタンダード 無制限 無制限 10日
プレミアム 無制限 無制限 10日
ビジネス 無制限 無制限 10日

※転送量とCRONについて、サーバーに過度の負荷がかかってしまう場合は、制限されることもあります。

プラン 無料SSL 電話サポート プラン変更 Xアクセラレータ
全プラン共通


表示速度とサーバー刷新度で選ぶならエックスサーバーが一番優れています、レスポンスの良いサーバーを選ぶことはSEO面でも大きなメリットがあります

設定画面の使いやすさでも、エックスサーバーがとても分かりやすいですね。初心者に方にとってはポイントが高いところ!

エックスサーバーは月々の価格が高めですが、本気でWebサイトを運営するなら、多少無理をしてでも高性能サーバーにすべきだと考えています。

お試し期間で評判のエックスアクセラレータを体感してみましょう!

エックスサーバーのお支払い方法

エックスサーバーでは、「クレジットカード・コンビニ決済・銀行振込・ペイジー決済・あと払い(ペイディ)」5つの支払い方法が選択できます。

おすすめの決済方法は、やはりクレジットカードとあと払い(ペイディ)決済です、即時決済されるため本契約まで短時間に完了できます。

エックスサーバーのお支払い方法は次の通り↓

お支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • 銀行振込
  • ペイジー決済
  • あと払い(ペイディ)

あと払い(ペイディ)とは、ペイディにメールアドレスと携帯電話番号を登録することで、後払いができるサービスです。事前にエックスサーバー(登録情報)でのSMS認証が必要です。

エックスサーバーは5つの支払方法があります、あなたのライフスタイルに合わせて支払い方法を選びましょう。

エックスサーバーに関する掲示板


孝太郎:2020年12月23日 20時11分
エックスサーバーについて評判を調べているのですが、悪評や欠点があまり見当たりません、月々の料金が約1000円と他社より高いので性能も良いのでしょうか?よろしくお願いします。

admin:2020年12月24日 09時19分
レンタルサーバーの性能は、基本的に価格と比例することが多いです、ただ最近のエックスサーバーは夜間の混雑時の表示速度が遅くなることがあります。エックスサーバーはサポートが良いので初心者におすすめです。

 

©レンサバ比較 All Rights Reserved.