お試し期間中には遭遇しない問題、ドメイン毎にFTP設定するのは不便!

ドメイン毎のFTPアカウント設定が面倒

お試し期間では遭遇しない問題点、レンタルサーバーを契約する前に知っておきたいトラブルの対処法!

ドメイン毎に必要なFTP接続について!

一般的なレンタルサーバーのFTP接続は、マルチドメインを設定してあるルートにログインが可能(一元管理)ですが、スターサーバーの場合は、一つのFTPアカウントにつき一つのドメインフォルダと限定されてます。

このような状況なので、普通のレンタルサーバーに慣れていると、とても不便に感じます。下図参照↓

スターサーバー内の構造を他社と比較

一般的なサーバーなら、ひとつのFTPアカウントで全てのドメインフォルダにアクセスが可能ですが、スターサーバーはドメイン毎のFTPアカウントなので、多くのWEBサイトを所有する場合には、その都度(初回のみ)にFTPソフトに設定するという不便が生じます。

ドメイン毎のFTP設定 影響ある人ない人

スターサーバーが採用しているシステムでは、新規サイト(FTP接続の場合)を作れば作るほど、面倒なFTP設定作業が増えてしまいます。

このシステムが良いのか悪いのかは別にして、この影響がある人と影響が及ばない人を分類してみました。

影響があまりない人
  • ファイルマネージャーしか使わない
  • ワードプレスが主体
  • WEBサイトは量産しない
影響が及ぶ人
  • HTMLサイトを量産する
  • 普段からFTPを使っている

はじめてのレンタルサーバーが、スターサーバーという方の場合なら、不便さは感じないかも知れません。

一方、他社からスターサーバーに乗り換えた場合、ここが問題になります、FTP接続に慣れているユーザーなら、不便さを痛感するはずです。

解決方法 ルートへログインする方法

この方法を最近になって気づきました、FTP接続の注意事項にも記載されてなかったです、わたしだけ蚊帳の外だったような感じ!

管理ツールの「FTPアカウント設定」から、ドメインを選び、FTPアカウントの追加を行ってください。

任意のIDとPASSを入力して、ホームパスはルートにログインしたいので空白にします。たったこれだけで完了です。

ルートへftpログインする方法

FTPソフトの設定は、上記の場合ですと、ホスト名[sv**.star.ne.jp]、ユーザー名[new@s***.stars.ne.jp]、パスワードは設定したものになります。

初期状態だとルートへのFTP接続が許可されていないという事ですね。ミニバード時代からスターサーバーを継続使用して10年以上、この機能が分からなかったため「スターは不便だな!」と、ずっと思っていました。

もしかしたら最近改良された機能!?

まあ!ナニワトモアレ解決できて良かった!

他社からスターサーバーへ引っ越しされた方は、この設定をしておきましょう!

セキュリティから考えるとメリット!

この問題を不正アクセスなどのセキュリティ面から考えると、むしろメリットの方が大きくなります。

一般的なサーバーの場合、FTPアカウントが盗まれたとき、すべての管理ドメインが危険になる訳です。

不正アクセス攻撃のイメージ

万が一、スターサーバーのFTPアカウントが盗まれたとしても、他社サーバーより最小限の被害に留めることができます。

不便さ反面、セキュリティではメリット!

ところで海外からの「ddos攻撃」は、想像以上に頻繁にあります、重要なデータを扱っている方は、スターサーバーがお勧めだと思います。

セキュリティ対策はサーバーを運営する上でとても大事です、ワードプレスとか小規模なサイトであっても、関係なく危険にさらされます。私は昔、自宅サーバーを運営していましたが、Dosアタック攻撃により、自宅サーバーでの運営を諦めた経験があります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます、サーバー内一括管理によるメリットとデメリットを理解して頂けたかと思います。

スターサーバーもFTPアカウントを追加設定することで、他社同様、ひとつのFTPアカウントで便利に使えることが分かりました。

人気の記事

レンタルサーバーの速度比較