WEBサイトのSEO対策を考えるなら、価格よりもレンタルサーバーの表示速度から選んでみましょう!

レンタルサーバー 速度

レンタルサーバーを比較する要素として価格よりも表示速度を重視されることが多くなりました、ページの読み込み速度は検索のランキングにも影響することから、近頃とても注目されてます。

WEBサイトの表示レスポンスが速いことは、検索順位(SEO)や読者の離脱率にも関係する要素です。

表示速度がアクセス数に直結する根拠

Google「ウェブマスター向け公式ブログ」より引用

引用 ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します
引用元:Google 検索セントラル ブログ

このように、2018年7月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用するとGOOGLEにもはっきりと書いてあります。

ところで共用のレンタルサーバーは、いくらバックボーンが大きくても、複数人で1台のサーバーを共有しているためレスポンスが悪くなることがあります、1つのサーバーの収容人数や負荷率に着目したいところです。

しかし、共用レンタルサーバーの収容人数や負荷率は一般には公表されてません。

他のユーザーが「大きな負荷」→「転送量を制限」この状態が最悪です。

また、ワンランク上の上位プランに移行しても、そこには既にヘビー級ユーザーがいたりして、確実に速くなるとは限らないものです。

冒頭でも述べたように、WEBサイトの表示待ち時間が長いと、SEOや読者の離脱率に影響します。

SEOを意識したレンタルサーバー選びなら、料金よりも実際の表示速度を重視しましょう。

読み込み完了までの待ち時間

各レンタルサーバーの仕様には、CPU・RAID構成・サーバーの種類など記載されていますが、それだけでは真の実力は分かりません、やはり実際の端末から表示する速度比較テストを行うことでサーバーの実力が分かると考えます。

性能を比較する上でテストはとても重要!

HTMLサイト・ワードプレス・PHP、3つのタイプのWEBサイトを当方オリジナルの方法にて、ページ表示速度・PHP処理速度などのテスト結果データを比較表にまとめました。

調査測定したレンタルサーバーは6社
速度テストを行うレンタルサーバー
  • エックスサーバー
  • さくらレンタルサーバー
  • ロリポップ
  • スターサーバー
  • コアサーバー
  • ConoHaWING

オリジナル測定のテスト方法については、こちらを参考にしてください。

基本的にはブラウザの読み込み~表示完了までのタイムを「WebARENA Indigo」から計測しています、測定ロケーションは都内~各レンタルサーバーまで、数値が小さくなるほど高速なレンタルサーバーということになります。

動画で見る表示速度テスト

VPS「WebARENA Indigo」定期テストの頻度は3ヶ月毎の月初めに行っています。また、当方自宅からの速度測定テストの様子を動画でもご視聴できます、不定期にテストを行う場合もございます。

撮影日 2022年7月14日
わたしのページ表示速度の独自測定 ジプシー管理人
WEBサーバーのレスポンスはとても大事です、ブログやWEBサイトの集客にも直結します。
まずは、各レンタルサーバーの表示タイムをチェックしてみよう!

HTMLサイト 表示速度テスト結果

2022年10月01日
名称 独自測定
VPS
GTmatrix Pingdom 平均時間
さくらサーバー(スタンダード) 0.38秒 1.80秒 0.34秒 0.84秒
コアサーバー(CORE-X) 0.30秒 0.90秒 0.16秒 0.45秒
スターサーバー(スタンダード) 0.21秒 0.72秒 0.26秒 0.39秒
ロリポップ(スタンダード) 0.40秒 2.50秒 0.40秒 1.10秒
エックスサーバー(スタンダード) 0.27秒 0.71秒 0.19秒 0.39秒
ConoHaWING(ベーシック) 0.22秒 0.73秒 0.21秒 0.38秒

表示速度テストをVPSから6回(1回目~6回目)、GTmatrix・Pingdomで1回行い、合計8回を実施して平均タイムを算出してます。

こちらは静的HTMLサイト(サイズ2.914MB)のテスト結果になります、レンタルサーバーのRAID構成やSSDやCPUの性能、さらには同居サイト数の影響などが表示速度に反映されます。

独自テスト方法のURLアドレスについては、こちら...HTML標準サイト 速度テスト
過去3ヶ月のテストデータの一覧表は、こちら...過去のHTML測定データ

※測定タイムは小さいほど速くて優秀なサーバーとなります。
※テスト間隔はサーバーキャッシュ機能を無効にするため、10分以上開けています。

WordPress 表示速度テスト結果

2022年10月01日
名称 独自測定
VPS
GTmatrix Pingdom 平均時間
さくらサーバー(スタンダード) 1.65秒 3.40秒 1.20秒 2.08秒
コアサーバー(CORE-X) 0.54秒 0.71秒 0.59秒 0.61秒
スターサーバー(スタンダード) 0.39秒 0.71秒 0.28秒 0.46秒
ロリポップ(スタンダード) 0.66秒 1.10秒 1.32秒 1.02秒
エックスサーバー(スタンダード) 0.31秒 0.70秒 0.18秒 0.39秒
ConoHaWING(ベーシック) 0.37秒 0.66秒 0.18秒 0.40秒

表示速度テストをVPSから6回(1回目~6回目)、GTmatrix・Pingdomで1回行い、合計8回を実施して平均タイムを算出してます。

ワードプレスの場合、PHPの動作モードやMySQLの処理速度など、複合的な要素がサイトの表示速度に影響を与えます。

ワードプレスの設定条件
  1. WordPressのバージョン ver.6.0
  2. WordPressのテーマ Twenty Twenty
  3. WordPressのプラグイン なし

独自テスト方法のURLアドレスについては、こちら...ワードプレス 速度テスト
過去3ヶ月のテストデータの一覧表は、こちら...過去のWordPress測定データ

PHP 処理速度テスト結果

2022年10月01日
名称 平均タイム PHP
さくらサーバー(スタンダード) 0.0036秒 モジュール
コアサーバー(CORE-X) 0.0366秒 LSAPI
スターサーバー(スタンダード) 0.0059秒 fastCGI
ロリポップ(スタンダード) 0.0028秒 モジュール
エックスサーバー(スタンダード) 0.0020秒 fastCGI
ConoHaWING(ベーシック) 0.0055秒 LSAPI

ワンクリックで書き込みループ処理(500回×6)を実施し平均タイムを算出してます。
世間的にPHPモジュール版の方がfastCGIより高速となってますが、実際、個人レベルの負荷ではfastCGIの方が速いです。
このPHPテストはサーバー内で計測しています、低速回線でも安定して測定可能です。

独自テスト方法のURLアドレスについては、こちら...PHP 速度テスト

Ping応答 速度テスト結果

2022年10月01日
名称 平均タイム
さくらサーバー(スタンダード) 0.01352秒
コアサーバー(CORE-X) 0.00603秒
スターサーバー(スタンダード) 0.01415秒
ロリポップ(スタンダード) 0.00617秒
エックスサーバー(スタンダード) 0.01391秒
ConoHaWING(ベーシック) 0.00589秒

Ping応答とは、サーバーへの要求に対して返答が戻ってくるまでの時間です、それほど重要ではありませんが、レスポンスが悪くなる原因のひとつです。

Ping応答テストのWEBサイトについては、こちらをご覧ください...MGT.jp Ping応答速度テスト

速度テスト結果 まとめ

2022年10月01日
HTML
WordPress
PHP
Ping
名称 HTML WordPress PHP Ping
1ConoHaWING(ベーシック) 0.38s 0.40s 0.0055s 0.00589s
2エックスサーバー(スタンダード) 0.39s 0.39s 0.0020s 0.01391s
3スターサーバー(スタンダード) 0.39s 0.46s 0.0059s 0.01415s
4コアサーバー(CORE-X) 0.45s 0.61s 0.0366s 0.00603s
5さくらサーバー(スタンダード) 0.84s 2.08s 0.0036s 0.01352s
6ロリポップ(スタンダード) 1.10s 1.02s 0.0028s 0.00617s
名称 HTML WordPress PHP Ping
1エックスサーバー(スタンダード) 0.39s 0.39s 0.0020s 0.01391s
2ConoHaWING(ベーシック) 0.38s 0.40s 0.0055s 0.00589s
3スターサーバー(スタンダード) 0.39s 0.46s 0.0059s 0.01415s
4コアサーバー(CORE-X) 0.45s 0.61s 0.0366s 0.00603s
5ロリポップ(スタンダード) 1.10s 1.02s 0.0028s 0.00617s
6さくらサーバー(スタンダード) 0.84s 2.08s 0.0036s 0.01352s
名称 HTML WordPress PHP Ping
1エックスサーバー(スタンダード) 0.39s 0.39s 0.0020s 0.01391s
2ロリポップ(スタンダード) 1.10s 1.02s 0.0028s 0.00617s
3さくらサーバー(スタンダード) 0.84s 2.08s 0.0036s 0.01352s
4ConoHaWING(ベーシック) 0.38s 0.40s 0.0055s 0.00589s
5スターサーバー(スタンダード) 0.39s 0.46s 0.0059s 0.01415s
6コアサーバー(CORE-X) 0.45s 0.61s 0.0366s 0.00603s
名称 HTML WordPress PHP Ping
1ConoHaWING(ベーシック) 0.38s 0.40s 0.0055s 0.00589s
2コアサーバー(CORE-X) 0.45s 0.61s 0.0366s 0.00603s
3ロリポップ(スタンダード) 1.10s 1.02s 0.0028s 0.00617s
4さくらサーバー(スタンダード) 0.84s 2.08s 0.0036s 0.01352s
5エックスサーバー(スタンダード) 0.39s 0.39s 0.0020s 0.01391s
6スターサーバー(CORE-X) 0.39s 0.46s 0.0059s 0.01415s
補足
  • HTML→HTMLサイトの表示速度
  • WordPress→ワードプレスの表示速度
  • PHP→PHPの処理速度
  • Ping→Pingの応答時間

※計測タイムが短いほど高性能サーバーになります、いずれもファーストインプレッションの平均値を算出しています。
※サーバーキャッシュ機能(コンテンツキャッシュ)は、無効に設定して各社できる限り同条件にて測定しました。
※速度計測データの二次利用はこちら→データ引用方法

2022年10月のHTMLサイトの最速は、ConoHaWINGがトップでした。また、WordPressのサイトは、エックスサーバーが最も速くなりました。一方、新サーバーとして、これまで好調なスコアだったコアサーバーの速さに陰りが現れています。エックスサーバーですが、稼働率に問題がありますが、一番ばらつき少なく平均的に安定したスコアです。

やはり、今回もロリポップの性能と稼働率は全体的に悪いままです。(ユーザーの詰め込み過ぎなのでしょうか?)

その他では、リニューアルされた「さくらサーバー」のデータに改善の兆候があります。それほど速くはありませんが、稼働率No1の落ちない「さくらサーバー」はおすすめです!

ところで、2022年4月は「99.99%以上の稼働率」を誇っているはずの「エックスサーバー」で2時間以上に亘(わた)る大規模障害の影響が当方にもありました。また、6月6日には、コアサーバーのリニューアル後にワードプレスが全て消えるトラブルもあって、安定性や稼働率という言葉も統計データをちゃんと見ないと信憑性に欠けますね。

今月のテスト結果まとめは以上となります!

レンタルサーバーの価格やレスポンスの比較、キャンペーン情報などについては、こちらをご覧ください。 参考:レンタルサーバー比較 おすすめ6社を検証【最新スコア】

やはり、価格と速さだけでレンタルサーバーを選ぶのも危険です、まれに速いけれど稼働率が低いサーバーも存在します。当方のレンタルサーバー比較サイトでは、初心者向けに分かりやすく総合評価をスコア化にしています。

©レンサバ比較 All Rights Reserved.