過去に実施した測定データからレンタルサーバーの性能を評価しましょう!

レンタルサーバー速度計測 過去のデータ

過去、数ヶ月に渡ってレンタルサーバーの表示速度を測定し、集めたデータを一覧表にまとめました。

測定の項目は、「HTMLサイト・ワードプレス・PHP・Ping応答」など、いずれもサーバーのレスポンスに大きく関係する4つの項目になります。

これらの測定データは、当サイトが管理している「オリジナルのテスト用サイト」を3ヶ月毎のペースで測定し、データを集めたものです。

サーバー業者の真意が過去の測定データから読み取れ、「本当に性能が向上したのか?」など、はっきりと判断するができます、速度重視でレンタルサーバー選びを考えている方には参考になると思います。

レスポンスの良いサイトは、読者の満足度を高めるため、過去の測定データからもレンタルサーバーの性能を比較して、表示速度の速いサーバーを選ぶことが重要です。

昨年に実施した測定テストの様子!

3ヶ月に一度実施する定期測定に加えて、不定期でも撮影しながらレンタルサーバーのテストを実施しています、こちらの昨年に撮影した動画も参考になれば幸いです。

撮影日 2021年9月18日

HTMLサイト 過去のテストデータ

2022年10月01日
名 称 今月 3ヶ月前 6ヶ月前
さくらサーバー(スタンダード) 0.84秒 1.21秒 1.27秒
コアサーバー(CORE-X) 0.45秒 0.39秒 0.39秒
スターサーバー(スタンダード) 0.39秒 0.45秒 0.46秒
ロリポップ(スタンダード) 1.10秒 0.61秒 0.53秒
エックスサーバー(スタンダード) 0.39秒 0.40秒 0.43秒
ConoHaWING(ベーシック) 0.38秒 0.39秒 0.42秒

※このデータはHTMサイト表示速度の平均タイムを記載しています。数値が小さいほど高性能ということになります。
※最新のデータ内容については、こちら..HTMLサイトの速度テスト結果
※2021年8月よりVPS環境からのリモートテストに切り替えました、そのためデータの数値にややばらつきがあります。

ワードプレス 過去のテストデータ

2022年10月01日
名 称 今月 3ヶ月前 6ヶ月前
さくらサーバー(スタンダード) 2.08秒 2.38秒 2.48秒
コアサーバー(CORE-X) 0.61秒 0.52秒 0.53秒
スターサーバー(スタンダード) 0.46秒 0.42秒 0.45秒
ロリポップ(スタンダード) 1.02秒 0.89秒 0.55秒
エックスサーバー(スタンダード) 0.39秒 0.46秒 0.49秒
ConoHaWING(ベーシック) 0.40秒 0.45秒 0.40秒

※このデータはWordPress表示速度の平均タイムを記載しています。
※最新のデータ内容については、こちら..ワードプレス 速度テスト結果
※2021年8月よりVPS環境からのリモートテストに切り替えました、そのためデータ数値は若干の誤差があります。

PHP処理速度 過去のテストデータ

2022年10月01日
名 称 今月 3ヶ月前 6ヶ月前
さくらサーバー(スタンダード) 0.0036秒 0.0158秒 0.0149秒
コアサーバー(CORE-X) 0.0366秒 0.0142秒 0.0133秒
スターサーバー(スタンダード) 0.0059秒 0.0038秒 0.0043秒
ロリポップ(スタンダード) 0.0028秒 0.0031秒 0.0033秒
エックスサーバー(スタンダード) 0.0020秒 0.0018秒 0.0018秒
ConoHaWING(ベーシック) 0.0055秒 0.0059秒 0.0066秒

※このデータはPHP処理速度の平均タイムを記載しています。
※最新のデータについては、こちら..PHP処理速度のテスト結果

PHPの動作モードは3種類あります、世間一般的には「module(モジュール)・LSAPI」の方が「fastCGI」より高速と謳ってますが、実際にWordPressのファーストインプレッションを比較しましたが、速度は変わらないと感じます。2回目以降の処理はキャッシュ機能の差で「LSAPI」が速くなります。

PHPの動作方式
名称 PHP動作方式+サーバーソフト
さくらサーバー
(スタンダード)
module+Apache(Nginx)
コアサーバー
(CORE-X)
LSAPI+LiteSpeed
スターサーバー
(スタンダード)
fastCGI+Apache(Nginx)
ロリポップ
(スタンダード)
module+Apache
エックスサーバー
(スタンダード)
fastCGI+Apache(Nginx)
ConoHaWING
(ベーシック)
LSAPI+Apache(Nginx)

Ping応答 過去のテストデータ

2022年10月01日
名 称 今月 3ヶ月前 6ヶ月前
さくらサーバー(スタンダード) 0.01352秒 0.02143秒 0.02159秒
コアサーバー(CORE-X) 0.00603秒 0.00589秒 0.00585秒
スターサーバー(スタンダード) 0.01415秒 0.01384秒 0.01366秒
ロリポップ(スタンダード) 0.00617秒 0.00615秒 0.00601秒
エックスサーバー(スタンダード) 0.01391秒 0.01358秒 0.01351秒
ConoHaWING(ベーシック) 0.00589秒 0.00579秒 0.00581秒

※このデータはレンタルサーバー応答時間の平均タイムを記載しています。
※最新のデータ詳細については、こちらをご覧ください..Ping応答 速度テスト結果

まとめ

検索順位の尺度として、WEBサイトのパフォーマンス「コアウェブバイタル(Core Web Vitals)」が既に導入されました。WEBサイトの表示速度や操作性は、読者の滞在時間にも影響を及ぼす要素となっています。

レンタルサーバーの料金やスペックの比較、サーバー稼働率などについては、レンタルサーバー比較 おすすめ6社を検証【最新スコア】をご覧ください。

©レンサバ比較 All Rights Reserved.