過去の測定データからレンタルサーバーを評価しましょう!

レンタルサーバー速度計測 過去のデータ

過去、数ヶ月に渡ってレンタルサーバーの表示速度を測定し、その結果データをまとめました。

まとめた項目は、HTMLサイト・ワードプレス・PHP・Ping応答など、いずれもサーバーのレスポンスに大きく関係する4つの項目になります。

サーバー業者の真意が過去の測定データから読み取れ、本当に性能が向上したのか?など、きっちりと分かたりします、速度重視でレンタルサーバー選びを考えている方には参考になると思います。

サーバー業者の本気度が伝わりますね!

データ化しているのは、当方が管理している、オリジナルのテストサイトを月一回のペースで測定し、データを集めたものです。

レスポンスの良いサイトは、読者の満足度を高めるため、過去の詳細なデータからも業者を比較して、表示速度の速いサーバーを選ぶことが重要です。

※下記は表示が完了するまでの時間を計測してます、数値が小さいほど高性能ということになります。
※データの引用はこちらを御覧ください→記事の引用について

HTMLサイト 過去のテストデータ

2021年09月01日
名称 先々月 先月 最新タイム
さくらサーバー
(スタンダード)
3.39秒 3.50秒 3.19秒
コアサーバー
(CORE-A)
3.02秒 2.17秒 1.18秒
スターサーバー
(スタンダード)
3.16秒 2.14秒 1.19秒
ロリポップ
(スタンダード)
3.00秒 2.15秒 1.20秒
エックスサーバー
(X10)
3.00秒 2.12秒 1.12秒
ConoHaWING
(ベーシック)
3.01秒 2.18秒 1.21秒

※各月の平均タイムを記載しています。
※データ詳細についてはこちら..HTMLサイト 速度テスト結果
※2021年8月よりVPS環境からのリモートテストに切り替えました、そのためデータ数値は大きく異なります。

ワードプレス 過去のテストデータ

2021年09月01日
名称 先々月 先月 最新タイム
さくらサーバー
(スタンダード)
2.45秒 4.69秒 1.66秒
コアサーバー
(CORE-A)
0.73秒 2.48秒 1.00秒
スターサーバー
(スタンダード)
0.66秒 1.85秒 0.87秒
ロリポップ
(スタンダード)
0.74秒 2.14秒 0.96秒
エックスサーバー
(X10)
0.71秒 1.44秒 0.79秒
ConoHaWING
(ベーシック)
0.65秒 1.09秒 0.94秒

※各月の平均タイムを記載しています。
※データ詳細についてはこちら..ワードプレス 速度テスト結果
※2021年8月よりVPS環境からのリモートテストに切り替えました、そのためデータ数値は大きく異なります。

PHP 過去のテストデータ

2021年09月01日
名称 先々月 先月 最新タイム PHP
さくらサーバー
(スタンダード)
0.0245秒 0.0265秒 0.0118秒 module
コアサーバー
(CORE-A)
0.0103秒 0.0112秒 0.0102秒 fastCGI
スターサーバー
(スタンダード)
0.0067秒 0.0042秒 0.0043秒 fastCGI
ロリポップ
(スタンダード)
0.0029秒 0.0027秒 0.0028秒 module
エックスサーバー
(X10)
0.0022秒 0.0022秒 0.0021秒 fastCGI
ConoHaWING
(ベーシック)
0.0063秒 0.0056秒 0.0057秒 LSAPI

※各月の平均タイムを記載しています。
※データ詳細についてはこちら..PHP 速度テスト結果

一般的にはPHPモジュール(module)版の方がfastCGIより高速と謳ってますが、実際、個人レベルの負荷ではfastCGIの方が速いです。

Ping応答 過去のテストデータ

2021年09月01日
名称 先々月 先月 最新タイム
さくらサーバー
(スタンダード)
0.02147秒 0.02152秒 0.02137秒
コアサーバー
(CORE-A)
0.00575秒 0.00590秒 0.00572秒
スターサーバー
(スタンダード)
0.01314秒 0.01302秒 0.01404秒
ロリポップ
(スタンダード)
0.00576秒 0.00574秒 0.00568秒
エックスサーバー
(X10)
0.01264秒 0.01265秒 0.01270秒
ConoHaWING
(ベーシック)
0.00602秒 0.00577秒 0.00569秒

※各月の平均タイムを記載しています。
※データ詳細についてはこちら..Ping応答 速度テスト結果

合わせて読みたい記事 表示速度に関係する様々なテスト情報