レスポンスと評判を検証!!ロリポップの実力は!?

ロリポップレンタルサーバーの評判

GMOグループのロリポップレンタルサーバーは、表示速度を短縮させるアクセラレータ、電話サポート(スタンダード以上のプラン)付き、格安でも基本的な機能は備わっているレンタルサーバーです!

ロリポップはWebサイトの運営規模に合わせて、5つのプランがあります、スタンダードのプランなら、高速化機能が付いて月々費用550円~と初心者におすすめできる人気レンタルサーバーです。

公式サイト>>ロリポップ!

ワードプレスの自動インストールで初心者でも簡単にブログを始められます。

混雑時でもHTMLサイトやワードプレスの遅延を防ぐ「アクセス数拡張」(期間限定で使用可能)、さらに高速処理の「PHPモジュール版」を使うことが可能です。

※「アクセス数拡張」は、スタンダードとエンタープライズのプランで装備されてます。

ロリポップレンタルサーバーの評判?ロリポップの評判やデメリットが心配

  • 速くて格安サーバー
  • サーバーに癖がある
  • Wordpressが遅い

少し心配になるけど!?

多機能スタンダードが月々たったの550円~なので費用対効果が良いと言えます。サーバーの癖:PHPの記述「<?」→「<?PHP」短縮では動かない。WordPressが遅いのは昔の話、現在はかなり改善してます。

サーバージプシーのわたなべは、一度浮気して他社に乗り換えましたが、「速い」噂を聞いて今はロリポップの虜、2020年から再度ロリポップサーバーを使い始めました。

上級者には次世代サーバーLiteSpeed(エンタープライズ)がおすすめです!

ロリポップサーバーは初期費用や月々の料金が格安なのが魅力的です。しかし、月々の運営コストよりも表示速度の速いレンタルサーバーを選ぶことは大きなメリットがあります

>>表示速度がアクセス数に直結する根拠

国内には多くのレンタルサーバーの会社がありますが、その性能は日々切磋琢磨してます。

ロリポップのレスポンスを確認できます!

下記、ロリポップレンタルサーバーの表示速度テスト結果を参考にしてみましょう!

ロリポップ レスポンス

2021年06月01日
表示速度平均タイム
HTMLサイト:3.03秒!
ワードプレス:0.78秒!
PHP処理:0.0026秒!
Ping応答:0.00584秒!

ロリポップサーバー 他社との比較表

クリックで並び替え!

名称 HTML
サイト
Word
Press
PHP Ping
さくらサーバー
(スタンダード)
3.57s 2.43s 0.0220s 0.02141s
コアサーバー
(CORE-X)
3.05s 1.24s 0.0126s 0.00584s
スターサーバー
(スタンダード)
3.05s 0.79s 0.0061s 0.01316s
ロリポップ
(スタンダード)
3.03s 0.78s 0.0026s 0.00584s
エックスサーバー
(X10)
2.98s 1.38s 0.0024s 0.01249s
名称 HTML
サイト
Word
Press
PHP Ping
エックスサーバー
(X10)
2.98s 1.38s 0.0024s 0.01249s
ロリポップ
(スタンダード)
3.03s 0.78s 0.0026s 0.00584s
スターサーバー
(スタンダード)
3.05s 0.79s 0.0061s 0.01316s
コアサーバー
(CORE-X)
3.05s 1.24s 0.0126s 0.00584s
さくらサーバー
(スタンダード)
3.57s 2.43s 0.0220s 0.02141s
名称 HTML
サイト
Word
Press
PHP Ping
ロリポップ
(スタンダード)
3.03s 0.78s 0.0026s 0.00584s
スターサーバー
(スタンダード)
3.05s 0.79s 0.0061s 0.01316s
コアサーバー
(CORE-X)
3.05s 1.24s 0.0126s 0.00584s
エックスサーバー
(X10)
2.98s 1.38s 0.0024s 0.01249s
さくらサーバー
(スタンダード)
3.57s 2.43s 0.0220s 0.02141s
名称 HTML
サイト
Word
Press
PHP Ping
エックスサーバー
(X10)
2.98s 1.38s 0.0024s 0.01249s
ロリポップ
(スタンダード)
3.03s 0.78s 0.0026s 0.00584s
スターサーバー
(スタンダード)
3.05s 0.79s 0.0061s 0.01316s
コアサーバー
(CORE-X)
3.05s 1.24s 0.0126s 0.00584s
さくらサーバー
(スタンダード)
3.57s 2.43s 0.0220s 0.02141s
名称 HTML
サイト
Word
Press
PHP Ping
ロリポップ
(スタンダード)
3.03s 0.78s 0.0026s 0.00584s
コアサーバー
(CORE-X)
3.05s 1.24s 0.0126s 0.00584s
エックスサーバー
(X10)
2.98s 1.38s 0.0024s 0.01249s
スターサーバー
(スタンダード)
3.05s 0.79s 0.0061s 0.01316s
さくらサーバー
(スタンダード)
3.57s 2.43s 0.0220s 0.02141s

※計測タイムが短いほど高性能サーバーになります、いずれも平均値を算出しています。

テスト結果の詳細はこちら
レンタルサーバーの速度比較まとめ

ロリポップ プラン早見表

プラン 初期費用/
月料金※
MySQL
WordPress
マルチ
ドメイン
SSD容量
エコノミー ¥1650
¥110
50個 20GB
ライト ¥1650
¥330
1個 100個 160GB
スタンダード ¥1650
¥550
50個 200個 200GB
ハイスピード ¥3300
¥825
無制限 無制限 320GB
エンタープライズ ¥3300
¥2200
無制限 無制限 1000GB

※お試し期間は全プラン10日間です。
※1年契約した場合の価格から、12で割った数値を月料金としてます。

プラン 転送量/日 CRON PHP
高速化
電話サーポート
エコノミー 200GB 1個
ライト 500GB 5個 可能
スタンダード 700GB 10個 可能 あり
ハイスピード 900GB 10個 可能 あり
エンタープライズ 1200GB 10個 可能 あり

※プラン変更は上位プランへのみ可能です。

ロリポブログは残念ながら運営会社の変更により新規受付を終了したようです、「ロリポップのユーザー様が無料でご利用いただけるロリポブログにつきまして、2021年4月7日(水)をもって、新規お申し込みを停止」...と記載されています。

プラン ロリポブログ
エコノミー 1個
ライト 3個
スタンダード 5個
ハイスピード 5個
エンタープライズ 5個

※ロリポブログとはJUGEMが運営しているブログサービスです、そこに広告表示なしで利用できます。

今月のレンタルサーバー5社の成績表は、こちらレンタルサーバー比較表

ロリポップ!
費用対効果で選ぶなら↑↑


ロリポップに関する掲示板


love40:2020年12月10日 18時36分
HTMLの中に別ファイルの自作フッターメニューを埋め込みたいです、ロリポップサーバーでHPを作っています。メニューを分離してHTMLファイルに埋め込むことはできるでしょうか?iframeも考えたのですが、SEO上良くないと聞きました、宜しくお願いします。

admin:2020年12月10日 21時53分
iframeは1ページに複数URLが含まれているためドメインパワーにも影響します。PHPで行うのが一般的です、フッターメニューの呼び出しは、ルートから指定します。
<footer>
<?php include( $_SERVER['DOCUMENT_ROOT'] . '/footmenu.txt'); ?>
</footer>

daiski:2020年12月16日 14時45分
ワードプレスの使用容量が多くないため、ロリポップのスタンダードからライトプランに変更したいと思いましたら、下位(スタンダード→ライト)への変更ボタンが消えていました。変更出来ないのでしょうか。

admin:2020年12月16日 19時51分
下位へのプラン変更はエックスサーバー以外、ほとんどのレンタルサーバーで不可となっています。

まゆみ:2020年12月21日 00時15分
ロリポブログを独自ドメインで運用するのはSEO的に不利でしょうか?WordPressにしようか迷ってます。

admin:2020年12月21日 10時33分
SEO的には同じだと思います、ロリポブログはテンプレートが豊富にあるのが魅力的です。ただ、ヘッダーかフッターに広告がでるので、設定から非表示する必要があります。

二階:2021年02月11日 10時26分
質問します、PHPを監視しているロリポップのWAFについて、このWAF設定を無効にするとPHP処理速度が向上しますでしょうか?Wordpressの動作が速くなれば良いな~と思い疑問に感じました。

admin:2021年02月11日 12時50分
ご質問ありがとうございます、さっそく試したところ、WAFを有効または無効にしても、まったく影響なしのデータ結果でした。